合同説明会に持っていかなくても問題の無いものの例

合同説明会へ行く際に悩むことの一つに、カバンに入れる持ち物が挙げられます。

持ち物は、合同説明会に役立ちそうだと考えているのであれば、何を持っていっても問題はありませんが、中には持っていってもあまり役に立たないものもあります。



合同説明会では役に立たない可能性が高い持ち物の例として、まず挙げられるのは履歴書です。

説明会に臨むにあたって、念のため履歴書を作成しておく人は多いでしょうが、説明会は企業が自社の説明や採用プロセスの説明をするための場であり、選考試験を行うための場ではありません。



採用選考を兼ねた説明会は、イベントの題名に合同就職面接会といった語がつかわれていることが多いので、このような形式のイベントに参加する場合は必ず履歴書を何通か準備しておきましょう。



ひと昔前までは合同説明会の会場に向かうために地図を購入する人がいましたが、現代ではこれも不要なアイテムといえるでしょう。なぜかというと、携帯電話やスマートフォンに地図アプリをインストールしておけば会場への道のりをすぐ調べることができるからです。
また、企業側からの説明から重要な部分を把握するために、ボイスレコーダーなどの録音機器を持ち込む学生もいますが、これも役に立つ場面は少ないでしょう。合同説明会では、たくさんの学生を相手に自社について説明しなければならないこともあり、1回の説明の時間は長くとっておらず、内容も限定されています。


詳しい説明を聞きたいのであれば、企業が自ら主催する会社説明会に参加したほうが有益です。